忍者ブログ




カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フラワーレメディの本
バッチフラワーの解釈にはバッチフラワー協会代表,浅見政資先生の解釈を用いており,著書の「マイナス感情をプラス感情に変える」「こんなふうにマイナス感情さようなら」を参照してます.
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前の続き、バッチ博士は、病理学者、細菌学者、医学者としても

大きな実績を残した医学博士でした、

医学者でもあるバッチ博士が副作用もない自然界の植物の力で、

人の心を治療したいと発見したのが、フラワーレメディです、

種類は38種類のバッチフラワーレメディがあります、

今回もこのくらいにしておきます^^
PR


今回は、バッチフラワーレメディの発見について、

何回かに分けて説明していこうと思います^^

バッチフラワーレメディとは、英国のエドワード・バッチ博士が、

1935年に自然界から発見しました、その為バッチ博士の名前から

バッチフラワーレメディと呼ばれてます、

まだ書き始めたばかりですが、今日はこれくらいにしておきます、

出来るだけ多くの方に読んでもらえたらと思うので、

毎回短い文にしておこうと思います^^
どれくらいの方が僕のブログを見てくれるか

不安ですが、このブログを通していろんな方と知り合いになれたらと

思います、

このブログは日本ではあまり知られていないフラワーレメディについて

書いていきたいと思いますので宜しくお願いします
忍者ブログ [PR]